妊娠糖尿病は胎児とお母さんを危険にさらすもの

ララリパブリック葉酸サプリ

妊娠糖尿病は妊娠した後の検査でわかる病気ですが、病気がわかってから治療を始めても赤ちゃんに取り返しのつかない病気になってしまうのです。

 

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見されたり発症する糖尿病の一歩手前の状態で、妊娠する前に糖尿病と診断されている状態とは異なります。

 

妊娠糖尿病でお母さんが高血圧になるとお腹の赤ちゃんの血糖値も上がることになってしまい、赤ちゃんにもお母さんにも影響が出て危険な状態となります。

 

妊娠糖尿病のリスクが高い人は、家族に糖尿病の人がいる、肥満、35歳以上、巨大児の分娩経験があるなどです。

 

原因は、エストロゲンなどの女性ホルモンは卵巣から作られますが、妊娠した場合は女性ホルモンは胎盤から作られるようになり、通常とは異なる状態で体の中でインスリンの働きも少なくなります。この状態に胎児の分のブドウ糖が必要になり、これらの原因により妊娠中に糖尿病が生じやすくなるのです。

 

また、妊娠中は栄養も必要になり不足したものを補うために代謝異常を起こして糖尿病が悪化します。さらに、胎盤ではインスリンが分解されてしまうことも原因のひとつです。

 

症状は初期段階では自覚症状は殆どありません。進行するとのどが渇いたり、尿の量や回数が増えたり、疲れやすいなどの症状があらわれますが、妊娠中は疲れやすくトイレも近くなるため、妊娠糖尿病の症状であっても気付かない場合が多いのです。

 

母体への影響は妊娠高血圧症候群、羊水量の異常などで妊婦が高血糖であると巨大児となり、帝王切開となる可能性もあります。胎児への影響は流産、巨大児、心臓肥大、低血糖などです。特に巨大児であるケースは多く、最悪は胎児が死亡することもあるのです。

 

妊娠糖尿病を予防するために

妊娠前、妊娠中の食事管理の対策が大切です。妊娠糖尿病になりやすい食材には牛、羊、豚、ベーコン、ソーセージ、砂糖などがあります。特にベーコンやサラミなど加工肉を使った食事はなりやすいです。

 

予防する食材は、豆類、ナッツ類、ほうれん草、小松菜、卵などです。発症を低下させるためには植物性たんぱく質が良く、豆類やナッツ類を含んだ食事を積極的に摂るようにします。

 

もちろん、1日400μgの葉酸は欠かさないようにしましょう。

 

葉酸サプリはララリパブリック葉酸サプリがおすすめです。

関連ページ

ベビ待ち女性におすすめの葉酸サプリ
べビ待ちで飲んでおきたい葉酸サプリですが、赤ちゃんと体のことを考えると品質や効果に納得のできるサプリを選びたいものです。そして、飲んだサプリの成分を効果的に摂取できる吸収率の高さも大切です。
これから妊活!まず何から始める?
妊活は何から始めるかを考えた場合、生活を改善していくことが効率的といえるでしょう。生活習慣の改善をして、栄養バランスのとれた食事、ストレスを適度に発散させる方法などで健康的な体をつくることが大切です。
妊活で男性がするべきこと
子どもを待ち望んでいるカップルが行う妊活というと、おもに女性がするべきこと思われがちですが、実は女性だけではなく、男性もできることがあります。それは運動と食生活の改善です。

Lara Republi (ララリパブリック)