不妊症の約3割は男性側が原因と言われている

ララリパブリック葉酸サプリ

 

健康に問題のないカップルが排卵日やその付近に性行為を行っても、2年間赤ちゃんが授からない場合は不妊症と言われています。

 

赤ちゃんは授かりものですので焦ったりするのはとても禁物ですが、しかしいつまでも赤ちゃんが自然に授かることを待っているのもあまりよくありません。

 

その理由としては、女性は年齢と主に卵子が劣化するからです。

 

それで、早めに妊活に踏み切りましょう。

 

しかし、妊活というと一般的に女性が頑張る必要がある、と考えられがちですが実はそうではありません。

 

不妊症の約3割は男性側が原因と言われています。

 

女性の卵子が年齢とともに劣化するのと同様に、男性の精子も年齢とともに劣化します。

 

では、妊活で男性がするべきことは何でしょうか?

 

一つは適度な運動を心がけることです。男性の妊活はまずは元気な精子をつくることが大切です。

 

長引く疲労や運動不足などによって精巣の血流が低下していると、元気な精子をつくることは出来ませんので血流をよくするために、運動を行いましょう。

 

とはいうものの激しい運動は余計に身体を疲れさせてしまいますので、軽いウオーキングなどを行うようにしましょう。

 

さらに男性がするべきことは、食生活を改善することです。

 

精子の老化防止のためにビタミンEを多く含んでいる食材を選びましょう。ビタミンEを多く含んででいる食材としては、カボチャ、アボガド、ほうれんそう、大豆、カツオ、サバなどがおすすめです。

 

もし、食品で栄養が十分摂れないようであれば、サプリメントを活用するのも一つの方法です。こうした努力を続けることによって、可愛い赤ちゃんを授かるという希望を持つことが出来ます。ぜひ、二人で協力して妊活を行いましょう。

関連ページ

ベビ待ち女性におすすめの葉酸サプリ
べビ待ちで飲んでおきたい葉酸サプリですが、赤ちゃんと体のことを考えると品質や効果に納得のできるサプリを選びたいものです。そして、飲んだサプリの成分を効果的に摂取できる吸収率の高さも大切です。
これから妊活!まず何から始める?
妊活は何から始めるかを考えた場合、生活を改善していくことが効率的といえるでしょう。生活習慣の改善をして、栄養バランスのとれた食事、ストレスを適度に発散させる方法などで健康的な体をつくることが大切です。
妊娠糖尿病にならないために
妊娠糖尿病は妊娠後の検査でわかる病気ですが、症状が気付きにくい病気です。病気がわかってから治療を始めても胎児に取り返しがつかない場合もあり、妊娠前や妊娠中には食事対策が必要です。

Lara Republi (ララリパブリック)