過剰摂取しても大きな心配は要りません

ララリパブリック葉酸サプリ

 

葉酸サプリですが、体内でのたんぱく質代謝、核酸代謝に非常に重要な働きをしているビタミンの一種です。

 

ですから、妊娠期はもちろんのこと、幼児や小児でも十分な量が必要となります。特に妊娠初期においては、胎児の脳神経組織の発達に欠かせないと言われています。

 

この葉酸サプリですが、摂りすぎても問題はないのでしょうか。

 

一応、1日の摂取量は200μg(0.2mg)〜400μg(0.4mg)程度とされています。常識的な量であれば、葉酸サプリを多少過剰にとったからといって気にするようなことはありません。

 

というのも、葉酸サプリに含まれる葉酸は水溶性のビタミンの一種だからです。

 

ですから、基本的には撮りすぎても過剰な分は速やかに尿中に排泄されてしまいます。

 

もし、脂溶性の高いものであれば、脂肪組織などに蓄積して何らかの症状を引き起こす可能性があり、事実、過剰摂取に気を付けなければならない脂溶性ビタミンというものは存在していますが、葉酸はそういうものではありませn。

 

しかし、このように過剰な分はただ排泄されるだけで無駄になってしまいますし、またあまりにも過剰に撮りすぎると副作用の可能性もあります。飲めば飲むほどよいというようなものでは決してありませんから、決められた用法用量を守るようにしましょう。

 

具体的には、1日1000μg(1mg)以上もとると、例えば蕁麻疹、かゆみ、発赤などの症状が起こることがあります。

 

また、少し複雑なのですが、ビタミンB12欠乏症による貧血を隠蔽する可能性があります。

 

これは、ビタミンB12が欠乏すると赤血球がうまく作られなくなって貧血になるのですが、ここに葉酸があることで貧血の症状が解消され、一見、健康なように見えてしまうのです。

 

これは単に表面的な症状が解消されているだけで、体内では障害が進行していくのですが、それに気づくのが遅れ、適切な治療を開始することが遅れる可能性があるということです。

関連ページ

葉酸サプリでつわりが軽くなるって本当?
妊娠中や妊娠前に葉酸サプリを摂取したほうがいいといわれていますが、これは葉酸によってつわりが軽減される効果が高いことから、妊娠前からきちんと摂取するのが望ましいです。

Lara Republi (ララリパブリック)