葉酸の効果が弱まってしまう可能性

ララリパブリック葉酸サプリについて

 

お腹の中で健康な赤ちゃんを育てるために必要な存在となるのが葉酸です。一日の摂取量が足りない状態が続くと、胎児に悪影響を及ぼすリスクがあるため、葉酸サプリで積極的に補いたい栄養素です。

 

ララリパブリック葉酸サプリはサプリメントですので、副作用の心配が少なく、安全に摂取できるのが魅力です。しかし、飲み合わせの悪い薬が存在するため、葉酸サプリの利用の際には十分に注意してください。

 

飲み合わせが悪いものと同時に摂取すると、せっかくの葉酸サプリの吸収が落ちてしまい、一日の摂取量を守ったとしても、十分な作用が得られなくなる心配があります。

 

安全に摂取するためにも、事前に薬を処方してくれる病院の医師に相談してから使い始めたいところです。そうすることで、自分自身や赤ちゃんの健康が守られます。

抗がん剤や抗菌剤など種類は割と多い

抗がん剤であるメトトレキサートと葉酸サプリは相性の悪いものです。

 

葉酸の活動を阻害する作用があるため、葉酸低下の原因を作り出します。

 

トリメトプリムは感染症治療に使われる合成抗菌剤です。葉酸に関わるジヒドロ葉酸還元酵素の働きを抑えてしまうため、葉酸サプリを摂取しても効果が薄れてしまいます。

 

海外でマラリアに感染したときに使われるピリメタミン、悪玉コレステロールを低下させるコレスチラミンなどの胆汁酸吸収剤との相性もよくありません。

 

抗腫瘍剤のフルオロウラシルと葉酸サプリを同時に飲むと、激しい下痢などの副作用が強まるリスクが高まります。不眠症に有効なバルビツール、てんかんの発作を抑えるフェノバルビタールやフェニトイン、バルプロ酸、炎症を鎮めるスルファサラジンにも要注意です。

 

ただ、ララリパブリック葉酸サプリを飲む人の特徴としてこれから妊娠を望んでいる人や、妊娠中の人、授乳中の人が多いと思いますので、併用の可能性は少ないと思われます。

避妊薬や解熱剤も飲み合わせが悪い

女性にとって身近な避妊用ピルも、葉酸サプリの吸収を妨げます。

 

妊娠を望む場合にはピルは不要ですが、ピルを中止してすぐに妊娠した場合に影響が出る場合があります。

 

市販品としても使われている解熱剤のアスピリンにも注意してください。

 

妊娠を希望したり、妊娠中にはできるだけ解熱剤を使わないようにしましょう。

 

殆どの飲み合わせの悪い薬は、併用することで葉酸の働きを低下させる作用があります。

 

この問題を避けるためにも、薬の服用とララリパブリック葉酸サプリの摂取の間隔をあけることをおすすめします。おおよそ4時間以上あけるようにすると、お互いの作用で悪影響を及ぼすリスクが下がりますので実践してみましょう。

 

ララリパブリック葉酸サプリは摂取時間の決まりがなく、一日の摂取量を守るだけなので取り扱いが簡単です。ただ、水溶性ビタミンなので過剰摂取しても、吸収されなかった栄養素はおしっこと一緒に外に排出されますから、できれば分散して飲むのが好ましいでしょう。

関連ページ

ララリパブリック(Lara Republic)葉酸サプリと芸能人
ララリパブリック(Lara Republic)葉酸サプリはあの人気タレントも飲んでいる!ララリパブリック(Lara Republic)葉酸サプリを飲んでいる芸能人ママをご紹介!
ララリパブリック葉酸サプリの保存で気をつける点
ララリパブリック葉酸サプリをはじめ葉酸サプリを保存する際に注意したいのは、光や熱に気をつけることです。ピルケースは長期間入れておくには適していないので、持ち運び用として入れておく場合は、早めに飲むようにします。
どこで買える?販売店について
ララリパブリック葉酸サプリは安心の国産野菜を原料とし、葉酸をはじめ、妊婦・授乳中のママに必要な栄養素・美容成分がこれ一つで摂れる世界でも売れている葉酸サプリです。そんなララリパブリック葉酸サプリの販売店について、どこで買えるの?市販で売ってる?という疑問にお答えしています。

Lara Republi (ララリパブリック)